性病

性病

性病は、男女ともいつどこでかかるか分からりません。 最近は自宅でも確認できるので恥ずかしいからといって、症状が悪化してしまうことのないようにしましょう。

セールDE通販 > 性病

性病 症状


性病の症状が現れる部分は、下半身だけでも、ペニス、陰部、陰茎、亀頭、尿道、、尿、精液、肛門、便、太ももなど、体の至る所に発症します。

また症状でも、クラミジア、淋病、エイズ(HIV)、梅毒、尖圭コンジロー、性器ヘルペス、カンジダ症、トリコモナス感染症、軟性下疳、C型肝炎、ケジラミ症など、一般的なイメージよりもたくさんの病気がありますので、違和感や心上がりがある場合は早めに診断しておいたほうが安心です。 特に男女では症状が違ったり、感染していても症状が笑われないこともあるので素人判断は危険です。

ネットでは画像や写真をチェックできますが、一番治療しやすい初期症状を判断するのは素人には困難だと思いますので、楽観的な思い込みには気をつけてください。

性病 潜伏期間


性病も普通の病気と同じように、すぐに症状がでるものばかりではありません。 クラミジア 1週間~2週間、エイズで、1年~10年。淋病で2日~7日間と、さまざまです。つまり思い当たることがあっても、症状がでるのは数週間後、数年後という場合もあるので症状が出てからではもう忘れていることも考えられます。

また、検査するにもクラミジアは2~3日後からチェックできるのですが、B型肝炎は2か月後。 性器ヘルペスなどは検査できるのは発症してからとなっており、これもタイミングがバラバラです。 そのため気づいたときには忘れて位て治療が遅れる恐れもあるのです。

先進国で患者が増えているのは日本岳とも言われていますので、実は私たちの環境はリスクが高いのです。 もし、違和感を感じているのでしたら、安心するためにもはやめに検査することをおすすめします。

性病 検査 費用


行きつけの泌尿器科などの病院が近くにある場合は、性病検査は1項目2~3000円程度が相場です。 初めての場合は初診料がが数千円かかります。 検査する項目数ですが、多ければ多いほど安心ですが、当然検査費用がかかります。 一般的には9項目ですから、2万円くらいを見ておけば大丈夫でしょう。

なじみの泌尿器科がなかったり、近くに対応している病院がない場合は、郵送で検査できるキットも発売さてれいます。 安い物で5000円程度。 一般的な9項目でも1万円程度です。

忙しい方や恥ずかしい方の場合、通販検査キットでチェックしてみても良いかもしれませんね。

性病 トップへ戻る