医学部受験

医学部受験

難関中の難関、浪人でも原液でも国立も目指せるくらいの偏差値と学力をえて見事試験に合格するために、これからの対策をブログで解説しました。

セールDE通販 > 医学部受験

医学部受験 勉強法


医学部の受験は非常にハイレベルな成績が求められます。 個別指導の予備校、個別指導の家庭教師など、専門ジャンルの先生がいるのが理想ですね。 ただたんに試験に合格しても、燃え尽きてしまったりその後の人生プランを立てられない生徒が増えています。 小手先の点取りゲームでは、合格はできても将来にとってプラスとは限りません。

そして個別指導が理想的なのも、まわりのレベルに引きずられないから。 目標としているところが違う生徒と一緒では、行うべき課題も問題も違ってきて当たり前です。 しかし学校のように集団で学習するには、もっとも理解できてない生徒に合わせるしかないのです。 その影響を受けないためにも、自分のペースで勉強することは大切です。

最近では医学部受験の専門塾もでてきています。 目標は決まっているけど、学習法が決まっていないなら迷わず広報にしてみても良いでしょう。 将来を決める分岐点ですから、できることはやっておきたいものです。

医学部受験情報


2015年の医学部受験については、国立大学を目指すなら妥協はできません。 親としても偏差値を上げるだけでなく、試験の本番時に実力を発揮して合格するためのサポートは惜しまない覚悟が必要になります。

2015年の新学習指導要領への移行と入試における変更点を必ず確認して起きましょう。 科目は、「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」をグループ①、「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」、「外国語」、「公民」、「地理歴史」、「外国語」です。

医学部の受験では、しっかりと点数をとれる科目の確認、苦手科目の会費などトータルでの作戦立ても必要になってきます。

余談ですが、最近の研究では1日にスマホの利用時間が2~3時間程度で学力は下がるということが明らかになりました。 過去問などを解いて勉強しても、スマホの利用が多いと学習効果が落ちるそうです。 生活面で努力を無駄にしないように気をつけましょう。

医学部受験 ブログ


医学部への受験生ブログを見ていると、さすがに勉強量がハンパないです。家庭教師は当たり前、友人関係も同じモチベーションなのですから、テンションも高く目標に向かって進んでいることがわかります。

一人で自習できるタイプの人なら、自習もアリでしょう。ただし英語の発音などはほとんど成長しないので(当たり前)試験に合格してもそのあとはなんらかのフォローをしないと合格後に困ることになるそうです。

意外な落とし穴が、道具です。 参考書や問題集にも質があり、新しいから良いとも限らないのが困りものです。 また当然、個人的に合う、合わないもあるので一方的な学習は学力が上がっているのか? 勉強法は効果が出ているのか?で迷いそうです。 間違った努力をしないためにも、家庭教師のように客観的に見てくれる人がいると、効果的な勉強をできるでしょう。 

医学部受験 トップへ戻る